FC2ブログ
NHKラジオテキストにグアテマラの記事を書きました
NHK ラジオテキスト 「まいにちのスペイン語」2月号に、グアテマラの記事を書きました。

nhk_spa_radio_1402.jpg

マヤ・ワールド全開、グアテマラ
                   
時を司る20のナワル
ピースボートの通訳ボランティアで太平洋岸のプエルト・ケツァルに着いたのが去年の6月。同行したツアーの小学校訪問では,子どもたちがグアテマラの多民族,多言語,多文化を紹介する踊りや歌,この国が発祥の地とされる楽器マリンバの演奏,マヤ暦の展示で歓迎してくれました。グアテマラはかつてマヤ文明の栄えた地です。  
マヤ暦のひとつツォルキン暦では,時間は20種類のナワル(守護霊的動物)によって守護されると考えられています。ナワルは日々交代しながら、年間13周期で260日を司っているとか。人は誕生日のナワルによって役割,性格が定められているとの事でした。私のナワルは「赤い蛇」。社交的な性格で,人と接する仕事に向いているそうです。子どもたちも「私は亀」「僕はジャガー」と自分のナワルを教えてくれました。ナワルによる職業はさておき,「将来何になりたい?」と聞いたら「消防士」「コック」「秘書」「看護師」などいろんな答えが帰ってきました。でもいちばん人気はなぜか「獣医」。

伝統を今に受け継ぐ暮らし
ピースボートを下船した後,古都ラ・アンティグア,マヤ遺跡ティカル,世界一美しい湖と言われるアティトラン湖などを廻りました。遺跡や景色もすばらしかったですが,いちばん印象的だったのは先住民の存在感。グアテマラは今でも国民の約半分が先住民です。彼らが、観光客向けのパーフォーマンスではなく、部族ごとに特徴のあるカラフルな民族衣装に身を包み、独自の言語を話し,伝統や習慣を今に受け継いで暮らしている事は新鮮な驚きでした。ちらりとお見かけした,先住民の人権擁護運動家リゴベルタ・メンチュさん(1992年ノーベル平和賞受賞者)も,鮮やかな刺繍のキチェ族の衣装を身にまとっていました。

小さな町の市場で先住民の人たちと交流
先住民の人たちとたくさん交流できるのが,高山地帯にある小さな町チチカステナンゴで市場が開かれる日。毎週木曜日と日曜日,先住民の人たちが周りの村から集まって来て,民芸品や野菜や果物を売り買いしています。教会正面の石階段は花市に変身し,花のじゅうたんと化し,甘い香りでむせ返るようです。教会の中に一歩入ると、そこはカトリックと土着の民間信仰が混ざり合った不思議な雰囲気。隅っこでは、数人の女性たちが車座になり何やら真剣な面持ちで話をしています。輪の中心にいるのが予言や治病などを行う女性シャーマンで,子どもが欲しい女性たちが,子宝に恵まれるための相談をしているのだとガイドさんが教えてくれました。

酒と煙草と女性を愛す神様
アティトラン湖畔で出会った土着信仰のひとつでおもしろかったのが,マクシモンへのお参り。マクシモンは土地の人々の神様で,酒と煙草と女性をこよなく愛し,スカーフ集めが趣味と言われています。おもしろいことに1年に1度,お引っ越しをします。皆がお参りに来るマクシモン像は,葉巻をくわえ,派手なスカーフを何本も重ね巻き、背広に帽子というファッションで,怪しげな小屋の中に鎮座しています。拝観料として数ドル,写真撮影はさらに追加料金が必要です。かなりきな臭い話ですが、健康,豊作,縁結び,商売などのご利益だけでなく,なんと復讐(ふくしゅう)までも祈願できるとか。清濁併せ持った神様で,お参りする人の列が途切れる事がない人気者です。
グアテマラとは,先住民の言葉でQuauhtlemallan「木がたくさんある場所」という意味。グアテマラの森の中には私たちが知らない世界,秘密がまだまだ眠っていそうです。



スポンサーサイト



未分類 | 08:07:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
Julio Trujillo - La burbuja/perros
フリオ・トゥルヒーリョ著「La Burbuja 泡」の中の詩「Perros 犬」のアニメ、
なんだか、自分の体との一体感があって、ちょっと怖かった・・・

「犬」の詩のアニメーション

未分類 | 12:00:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
中国からやってきた50人近いアーティストがサンホセの国立劇場で開催した「文化中国・四海同春」という舞台を見に行ってきた。
中国のお正月をお祝いするのにあわせて「新春歌と舞踊のショー」って感じかな。
1400人収容の国立劇場は、この地に住む中国の人たちでほぼ満席。
ラウラ・チンチーリャ大統領夫妻も貴賓席から観覧。
民族舞踊あり、人気歌手による歌あり、手品ありのバラエティに富んだカラフルなショーだった。
中国の舞台って本当にカラフルで派手。
そして違和感があったのが「わが同胞よ共に国家を発展させよう」とか「五星紅旗のもとに団結しよう」とか国家意識発揚のメッセージがちりばめられていたこと。
お隣の国とはいってもやっぱり全然違う文化、そして共産主義の国だということをあらためて感じた。
21世紀、世界の主役は中国かな。


festival chino festival chino2 花束を持ったチンチーリャ大統領のお隣の紳士はご主人です。


未分類 | 23:20:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
パナマ運河
panama canal fotos panama 043fotos panama 037fotos panama 047fotos panama 039 fotos panama 052

先月飛行機の窓から見えたパナマ運河に今回はドライブ。
パナマシティ市内から車で15分くらいか、ほんとに近い。
運河のミラフローレス閘門が目と鼻の先に見えるレストランのテラスでビュッフェ形式のランチ(28ドル)を食べながら、カリブ海方面から太平洋側に向かって進む船の様子を見学。
太平洋側の方が水位が低いので、船は一旦、川の両側をせき止められプール状になったセクションに入る。
そこで、水位を進行方向の水位と同じまでさげ、両開きの閘門が開いて太平洋側へと進む。
単純な原理だが、思いついた人はすごいな。
それにしても意外と幅が狭いパナマ運河。
もっと大きな船も通れるように、現在新たな運河を建設中だということだ。
開通すれば、たとえばベネズエラの石油もタンカーでパナマ運河を通って日本まで輸出できるようになる。
楽しみだ。

未分類 | 22:42:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
パナマ旅行
fotos panama 019 cuatemoc fotos panama 006


3泊4日でパナマに行って来た。
コスタリカのサンホセから飛行機で1時間15分。
離陸してコーヒーとスナックが配られたと思ったら、あっという間にもう着陸態勢だ。
機内映画でハリーポッターをやっていたので見始めたが、3分の1くらいしか見ないうちに到着してしまった。
9月、コスタリカからパナマに引っ越して行った友人の新居に泊めてもらう。
リビングの窓から太平洋が一望できる高層マンション。
キッチンの窓からも、摩天楼のような高層ビル群が見渡せる。渡り鳥が床より下を飛んで行く。
高所恐怖症というわけではないが、思わず足がすくんで窓から離れてしまった。
夕方、とりあえず、Multiplaza モールをのぞいてみる。
パナマの通貨はバルボア。ドルとの固定相場で 1パルボア=1ドル。
米国がパナマ運河の主権を1999年まで持っていたせいかな。
紙幣はドル、コインはバルボア。いっそのことドルだけにしてしまえばと思うけど、やはり独立国のメンツかな。
中米の優等生コスタリカ。
でも今やパナマのほうが絶対発展してる感じ。スーパーにはなんでもあるし、ショッピングモールにもすてきなものがたくさん。それに断然コスタリカより物価がはるかに安い!

夜、ちょうど、メキシコの海軍練習船「クアテモック」がパナマに寄港していたので、予定外だったが、船上パーティに参加させてもらう。
今回の旅行はおしゃれな洋服を持って行ってなかったので普段着で出かけちょっと恥ずかしい・・・。
マルガリータを飲みながら乗組員とおしゃべり。
今回の航海では、初めて女性の乗組員が7人乗船していると言っていた。
夜の港にイルミネーションでライトアップされた帆船「クアテモック」かっこよかった。






未分類 | 23:51:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ