スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Gracias Costa Rica! Gracias a mis amigos ticos!
s-s-DSC05865.jpg
2010年8月1日に、ベネズエラのカラカスから、コスタリカのサンホセに引っ越して早いもので4年。
来る日も来る日も雨が続き、乾期になるまで何か月も星空が見えなかった最初の数か月。
洪水や土砂崩れも頻繁に起こった異常な年で結構気持ちも落ち込んだけれど、2年目以降の雨季は優しい雨だった。
コスタリカの人たちは、雨が結構好きみたい。
雨期がなかなかこないと、植物が干からびてしまうと心配したりする。
あの雨に恵まれているからこそ、コスタリカの豊かな森もあんなにうっそうとひっそりと広がっているんでしょう。
動物たち、鳥の声を身近に聴きながら、大自然に囲まれて過ごした貴重な時間でした。
住み慣れたコスタリカとも今日でお別れ。
ありがとう、コスタリカ。
そして、優しく受け入れてくれたコスタリカの友人たち、ありがとう。

PURA VIDA. 素晴らしきかな人生!


DSC05020.jpg



スポンサーサイト
コスタリカ | 23:32:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
Presagios 予兆 (著者 ウィリアム・レウベン)
DSC05721.jpg
我が家の大家さん、ウィリアム・レウベン・ソト氏が小説「Presagios (予兆)」を発表しました。
1冊プレゼントされ、読んでみたところ、すごくいい!
コスタリカの二人の若者アナとダニエルの物語。
読書好きの友人たちに声をかけ、我が家で朗読&作家トークの夕べを開いてみました。
ウィリアムと、画家で女優のマルタ・エウヘニア・マタモロスさん、女優のウウヘニア・チャベリさんの3人が朗読し、まるで芝居の舞台をみているようでした。
質疑応答もおおいにもりあがり、すっごく楽しかった。ありがとう、ウィリアム!Gracias William!

10269545_10152403899894724_1923493281526789208_n.jpg 10402453_10152403899024724_5401378442942762502_n.jpg 10444554_10152403903584724_3331443904675577791_n.jpg


コスタリカ | 10:21:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華会館のレストランCasa China に行った
DSC05709.jpg
セントロの中華会館にある中華料理屋さんに初めて行った。
コスタリカには中国や台湾の人がたくさん住んでいるのだ。
この中華レストランについては、前から話には聞いていたけれど、
安くておいしい!
麻婆豆腐、炒飯、北京ダック、餃子、春巻き、酸辣湯、餃子、シュウマイ、八宝菜、酢豚・・・種類がすっごくたくさんで選ぶのに困った。

DSC05706.jpg
海老の水餃子
チンタオ・ビールも飲めます (500ミリリットル)

DSC05705.jpg
見たところ、コスタリカ人8割、中国系の人2割。
点心のワゴンが回ってくるのも楽しい。

DSC05707.jpg
DSC05708.jpg
空芯菜だと思って頼んだら、菜の花みたいだった。にんにくが効いてて美味。

DSC05710.jpg
月曜から日曜日までとあるから、年中無休なのかな。
朝8時から、深夜2時まで・・・


コスタリカ | 16:37:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
Chorreador
DSC05689.jpg

コスタリカのコーヒーは有名だが、ちょっと雰囲気を出して味わいたくて、コスタリカ民芸市場(Feria Nacional de artesanias)で、 chorreador を買った。
コスタリカの伝統的なコーヒーを淹れるための道具で、今回買ったのは、木造の民芸品。
ハチドリがデザインされていてとてもかわいい。
早速、中央市場でコーヒーを買ってコーヒーを淹れる。
う~ん、おいしい。
コーヒータイムが終わったら、おりたたんで、かわいい置物に。

DSC05690.jpg DSC05694.jpg DSC05693.jpg


コスタリカ | 21:45:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
Rio Celeste リオ・セレステ
DSC05445.jpg
念願かなって、リオセレステ行ってきました。
前から写真で見て、本当にこんなきれいな水色の川があるのかしらと思っていましたが、本当にリオ・セレステ(空色の川)の名前通り、美しい色でした。
夫はここで泳ぐのを楽しみに水着着用し、張り切って登山道を昇って行きましたが、遊泳は禁止になっていました・・・
でもおかげで、こんなきれいな写真が撮れました。
DSC05453.jpg

地元の伝説によると、神様が世界を作った時、空を塗り終え、絵筆をこの川で洗ったので、こんな色に染まったそうです。
まさに水彩絵の具を溶かしたような色です。

DSC05460.jpg
リオセレステは、テノリオ火山国立公園にあります。
硫黄のにおいがし、川底からもぶくぶくと温泉がわいています。


DSC05467.jpg
ここが遊歩道の終点。
ここでふたつの川が合流し、何かのミネラル粒子ができ、それに太陽光が反射して「視覚効果」によって、川が空色に見える。。。というのがガイドさんの説明でした。
だから、曇っているときには、光がないので、この色にはみえない。
でもそんな日でも、フラッシュをたいて写真を写すと、写真にはきれいな空色の川がうつる。。。という話でした。
でも、この日は快晴、私はちゃんときれいなセレステ(空色)、堪能しました。
雨の多い、この地域では、ラッキーなことらしいです


コスタリカ | 23:16:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。