FC2ブログ
スキマスイッチ 奏(かなで) sukimaswitch Kanade
スキマスイッチの「奏(かなで)」をスペイン語に訳してみた。 

Kanade (Canción)

Intérpretes: sukimaswitch (Takuya Ohashi & Shintaro Tokita)
Letras y música : Takuya Ohashi & Shintaro Tokita


Delante de la estación, mano a mano,
Los murmullos de siempre, el viento es nuevo
Quería despedirte de manera alegre.
Pero te miraba con una sonrisa forzada

Era entonces la época en que tú te hacías mujer
Y no quise llenarla con canciones tristes.
En ese momento de la despedida, queriendo comunicarte algo,
Busqué palabras que sustituyesen la de “Adiós”

Es mi papel dirigirte, llevándote de la mano
Así lo pensaba
Pero ahora me doy cuenta de una cosa.
Los días que hemos acumulado juntos pueden guiarnos

Mientras crece el tiempo en que tú te haces mujer,
Yo también voy cambiando.
Pero con esta canción que te canto,
Podremos estar siempre unidos en cualquier momento.

De repente suena el timbre
Me pongo nervioso, se desatan las manos, te vas alejando
Locamente te llamé para pararte y te abracé.
Yo te protegeré con mi voz en donde quiera que vayas.

Desde que apareciste delante de mí,
Todo empezó a verse diferente
Todas las mañanas, las luces, las lágrimas, mi voz cuando canto...
Tú me diste brillo

En esta voz mía, cargo todos mis sentimientos incontrolables
Y te los mando a tí que vives lejos
Si, con esta canción, por ejemplo,
Podremos estar siempre unidos en dondequiera que estemos.

スキマスイッチ 奏(かなで)

スポンサーサイト



日本 | 21:04:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
ひなまつり Dia de las Ninas
hinamatsuri
今日はひな祭り。
東京から娘が遊びに来ているので、押入れの奥から貝雛を取り出して飾ってみた。
ミニ南蛮屏風を置いて・・・
桃の花がないのがちょっとさびしいけど、九谷焼のおちょこで代用 (あとでピンクと白の花をどこからか見つけてこよう)
お土産にもらった雛あられもあるし、ちらしずしでも作ろう!
全ての女の子たちの健やかな成長と幸せを願って・・・

日本 | 07:53:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
成人の日に想う
今日の朝日新聞の社説「成人の日に―尾崎豊を知っているか」を読んで驚いた。
今の若者は尾崎豊に共感しない?
1980年代から「15の夜」「17歳の地図」「卒業」「I Love You」「僕が僕であるために」など、あの細いからだから魂の叫びを絞り出すように歌い若者のカリスマ的存在だった彼。
自分らしくあるために、あるいは自分が何者かを模索しながら、大人たちに、学校に、社会に、反抗しもがく姿はかっこよかった。
でも今の20代の若者は「7割が現在の生活に満足している」ということらしいので、尾崎豊の歌に共感できるはずないか。
でもそんなんでいいの?
やっぱり若い人には、そしていくつになっても、毅然とつっぱっててほしいよ。
とんがってあちこちぶつかりながら大海に向かって転がり続けようよ。

日本 | 12:08:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
新浦安
液状化 歩道橋新浦安 木もびっくりしただろう

駐車場にも段差ができた 駐車場と道路の間に1メートルもの段差ができた

東北だけではなく、新浦安も液状化していると聞いた。
新浦安に住む友人に電話したが通じない。メールにも返事がない。心配になって住所を頼りに訪ねてみることにした。駅をおりたってびっくり。あちこちの地面が陥没し道路はうっすら砂におおわれている。液状化の影響だ。友人の家は留守でひっそりしていた。どこかに避難している様子だ。仕方ない、無事を祈りつつメールの返事を待つしかない。
今回の震災の影響は、いままでになく広い地域に被害を及ぼしている。

日本 | 21:56:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
東日本大震災お見舞い申し上げます
外壁が崩れた
tokyo tower 

3月11日、東日本大震災の知らせを聞いて、テレビをつけると、最初に目に飛び込んできたのがお台場の映像で、煙を出して燃える工事中のビル、フジテレビ、そして娘が住むマンションが映っていた。
それから、すさまじい津波の被害、原発事故と、想像を絶するニュースばかりが続き、何はともあれ日本に帰って来た。
サンホセからニューヨーク乗り換えて羽田着。日本行きの飛行機はほとんど外国人がいなかった。東京から脱出する人はたくさんいても、日本に向かう外国人はほとんどいないらしい。

震源地ではない東京だったが、娘のマンションの外壁は崩れ、東京タワーの先端のアンテナ(?)は曲がっていた・・・。なんで曲がってしまったのかな、不思議。 
地震で犠牲になった人たちのあまりの無念さ、すべてをなくしてしまった被災者の方たちへの思い、続く余震と原発事故の放射能漏れで、東京はいつもの東京じゃなかった。重苦しい空気がたちこめている。

そんななかでも、おくればせながら桜が咲き始めた。みんなで力をあわせて立ち上がらなければね。
 

日本 | 21:30:55 | トラックバック(0) | コメント(0)