FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
エスカスの大天使聖ミカエル教会でクリスマス・コンサート
villancicos navidenos
私が住むエスカスの市役所の斜め向かいにある大天使聖ミカエル教会 Iglesia San Miguel Arcangelでクリスマスキャロルのコンサートがあったので聴きに行った。
正面の祭壇には、紫のライトに照らされた貼り付けのキリスト像。
厳かな雰囲気の中、ウクライナのクリスマスキャロルでスタート。
続いて、「グロー・オー・オー / オー・オー・オー / オー・オー・オー / オーリア / イン・エクチェルシス・デーオー」のコーラスが有名なフランスの聖歌。「いと高き所に神に栄光あれ」という意味だそうだ。
おなじみの「聖しこの夜」や「ホワイト・クリスマス」、ヘンデルの「ハレルヤ」、バッハのカンタータ「Uns ist en Kindlein heut geborn」、スペインや中南米のクリスマス民謡など20曲以上でバラエティに富んでて楽しかった。
日曜日の夕方のミサのあと5時から1時間ほどだったが、ミサに参列した信者たちにコンサートを聴きにきた聴衆が加わり教会のベンチはほとんど満席。
コスタリカの人々はカトリックの敬虔な信者が多くミサにも熱心に出かけるので、ミサのあとにコンサートというのはたくさんの人に聴いてもらうためには絶好の機会だ。コンサートを企画したドイツ大使館に「あっぱれ」。
コーラスはエル・カフェ・コラーレ El Cafe Chorale という約30人ほどの合唱団でコスタリカだけでなくヨーロッパや米国でのコンクールで賞もとっているそうだ。
期待していた以上にとってもきれいな歌声だったので出口で彼らのCDを買って帰った。今年のクリスマスはエル・カフェ・コラーレのクリスマスソングが気分を盛り上げてくれそうだ。

コスタリカ | 23:18:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。