FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
成人の日に想う
今日の朝日新聞の社説「成人の日に―尾崎豊を知っているか」を読んで驚いた。
今の若者は尾崎豊に共感しない?
1980年代から「15の夜」「17歳の地図」「卒業」「I Love You」「僕が僕であるために」など、あの細いからだから魂の叫びを絞り出すように歌い若者のカリスマ的存在だった彼。
自分らしくあるために、あるいは自分が何者かを模索しながら、大人たちに、学校に、社会に、反抗しもがく姿はかっこよかった。
でも今の20代の若者は「7割が現在の生活に満足している」ということらしいので、尾崎豊の歌に共感できるはずないか。
でもそんなんでいいの?
やっぱり若い人には、そしていくつになっても、毅然とつっぱっててほしいよ。
とんがってあちこちぶつかりながら大海に向かって転がり続けようよ。

日本 | 12:08:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。