FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ASONI 児童館 
ASONI
児童館ASONI(Asociacion por la Sonrisa de los Ninos子どもたちの笑顔のための協会)。
スペイン人のカウデリ神父様が1991年に創った、貧困家庭の子供たちのためのセンターで、2か所で400人を受け入れています。
運営費用は政府からの補助金と、いろんな団体からの寄付でまかなわれており、働いているスタッフも法律で決められている最低賃金しか受け取っていないそうです。
もちろんボランティアの人もたくさんいます。
家族ひとりあたりの月収が50ドル以下の家庭の子供を受け入れるセンターで、午前中に学校がある子供は午後ここにきて宿題をしたりコンピュータや英語の勉強をしたり聖書の勉強をしたりしてから夕食を食べて家に帰ります。午後学校に行く子は朝ここにきてお昼を食べてから登校します。
昼間から銃声がしたり、強姦があったり、とても物騒な界隈でとてもひとりでは近づけないような場所です。
子供たちもこのセンターに来なければ悪い仲間に入ってしまうことになるやもしれません。
でも悪党たちも、自分の子どもや仲間の子どもが通っているこのセンターを襲ったりすることはないそうです。
子どもたちは今夏休みで、今日はちょうど「民族の日」というイベントをやっていました。
4つのグループにわかれて、コスタリカの先住民族の恰好をして歌をうたったり、劇をしたり、とってもにぎやかでした。
私が入っていくと、子供たちは思わず息をのみ、それからやおら友達に「ねえ、ねえ、みてみて、チーナ(中国人)がいるよ」って。
そして私のまわりには黒山のひとだかり・・・
東洋人をみたことがないのかしら?
今日は視察に行った私でしたが、反対に見学されてる気分でした。




コスタリカ | 21:23:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。