FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
12時間無料野外コンサート&Malpais
今日3月8日(土曜日)、サバナ公園で、第1回クラロ音楽フェスティバルに行ってきた。
午前10時から午後10時まで、Xiamora, 24, Cocofunka, Gandhi, Debi Nova Fuerza Dread などコスタリカの人気グループが次々と演奏。
でも私のお目当ては、コスタリカでは別格の伝説的バンド、マルパイス。
中米フォルクローレの響きあり、ケルト音楽風でもあり、ジャズ・フュージョンあり、ロックバラードありの本当に多彩で美しく素敵な音楽。
2010年にコスタリカに住むようになって、機会があればコンサートにでかけた。メンバーは7人
Fidel Gamboa ボーカル、ギター、フルート、アレンジ
Jaime Gamboa ベース、
Ivan Rodriguez バイオリン、マンドリン
Manuel Obregon ピアノ、キーボード、マリンバ
Carlos "Tapado" Vargas ドラムス、パーカッション
Gilberto Joaquin ドラムス
Daniela Rodriguez ボーカル、コーラス

ピアノのマヌエル・オブレゴンは現職の文化大臣、バイオリンのイバン・ロドリゲスは文化副大臣。
ミュージシャンが大臣なんて、びっくりだけど、ふたりとも2足のわらじをはきながら、コンサート活動も続けてた。
でも2011年、リーダーでボーカルのフィデル・ガンボアが心臓発作で急死(50歳)してからは、活動休止。。。
昨日、久々に彼らの演奏を生で聴くことができて本当に幸せな気分。
朝の10時から始まったコンサートだったけど、全ては彼らのための「前座」みたいなものだった。
夜の8時半頃、彼らが登場すると、会場は大興奮。
ボーカルのFidel Gamboa に代わって、Ivan Rodriguez が歌う。彼の娘、Daniela Rodriguez が歌う。そしてもちろん、会場のみんなも歌う。
星空のもと、ほんとに素敵な夜でした。
記事 La Nacion">コンサートの記事 La Nacion

DSC04977.jpg
DSC04970.jpg
ボーカルを務めたのはイバン・ロドリゲス
DSC04975.jpg
ピアノはマヌエル・オブレゴン


コスタリカ | 23:05:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。