FC2ブログ
豪雨の被災者に支援物資を届ける
ADD
今回の豪雨では、28人が犠牲となり、5千人近くが避難という被害がでた。
被災者のニュースがあってからの対応はスピーティで官民上げて支援体制がしかれている。
日本政府からも800万円相当の緊急援助物資(発電機40基、毛布2900枚)が到着し早速引き渡されたとのこと。
私が所属している団体ADDで、被災者が今必要としているものを支援物資センターや市役所で聞き取り調査し、それに基づいて、下着や靴下などを詰めたリュックサックにひとりひとりの名前を書いて、避難所に届けた。
みんな喜んで受け取ってはくれたように見えたが、係りの人の話では、コスタリカ中、また海外からもたくさんの支援物資が届き、食料も生活必需品もありあまってみんな使い捨てにしている残念な事態になっているとのこと。
被災直後の支援ももちろん必要だが、数ヶ月たって「支援の熱」が冷めたころの方が実は別の支援が必要なのかもしれない、と思ったりもしている。

コスタリカ | 21:49:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する