FC2ブログ
ロッセッラ・マタモロス Rossella Matamoros
rossella matamoros huellas-recintos

旧税関シアター(Teatro de la Aduana)「カサ・デル・クニョ」で、ナチスドイツのユダヤ人隔離政策によるゲットー「テレージエンシタット」を舞台にした演劇「HIMMELWEG, 天国への道」を見た。
ゲットーを視察する赤十字の職員、ナチスドイツ親衛隊SS司令官、ユダヤ人住民代表の3者それぞれの独白によって、ゲットーの様子が描かれる。
セリフが長く、スペイン語なので、ほとんど細かい内容はわからなかったが、物事のうわべだけを見て、その奥にある真実を見ることができない、見ることを避けている人間を批判するメッセージと私には思えた。言葉の問題があり、演劇はハードルが高い。

今日の催しで一番印象に残ったのが、入口に展示されていたコスタリカ人アーティスト、ロッセラ・マタモロスの作品。Huellas-Recintos (足跡ー構内)というタイトルの心にずんとくる大きな作品。彼女の作品をもっとみてみたい。

コスタリカ | 23:16:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する